ねじの基礎講座

ものづくりに不可欠な「ねじ」はデジタルファブリケーションが盛んになってもその重要性は変わりせん。「ねじ」にはどのようなはたらきがあり、どのような種類があるのか、どのようにして選べばよいのか。また、ねじはどのようなして作られているのかなど。ねじの基礎をわかりやすく解説します。

申し込みはこちらから。
https://www.facebook.com/events/1197561880313072/

講師
門田和雄氏 (宮城教育大学教育学部技術教育講座准教授)

東京工業大学附属科学技術高等学校機械システム分野教諭を経て、2015年より宮城教育大学准教授。専門は機械技術教育 博士(工学)

2013年8月、横浜関内にファブラボ関内を立ち上げ、現在も運営に携わる。2012年より5年連続で世界ファブラボ代表者会議に参加中。

主な著書に「トコトンやさしいねじの本」「絵ときねじ基礎のきそ」(いずれも日刊工業新聞社)、「門田先生の3Dプリンタ入門」(講談社ブルーバックス) など多数。

参加費 1000円 (ファブラボ関内会員は500円)
定員15名

ファブラボ関内のFBページと公式サイト
https://www.facebook.com/FabLabKannai/
http://fablab-kannai.org/

門田研究室の公式サイト
http://kadota1.wixsite.com/robotakun