春のファブ祭り2018

春のファブ祭りを4/21(土)-22(日)に、ファブラボ関内とさくらWORKSにて開催します。

4/21(土)

会場:ファブラボ関内(4F407号室)

毎月数件の見学申し込みやお問い合わせを頂いております。ファブラボ関内にご興味のある方はぜひご参加下さい。施設内の見学を含め、詳しくご案内いたします。ご希望の方は、Facebookで「参加」して頂くか、fablab@yokohamalab.jp にてお知らせ下さい。(参加費:500円)

会場:さくらWORKS(2F)

世代を超えて根強い人気のレトロな「ニキシー管」を、オリジナル基板に電子部品を全て半田づけして1日で完成させていく、やりがいのあるワークショップです。前回の参加者からは「最初から全部作るので満足感が違う」との声が寄せられました。

サンドブラストとは砂状の粒子を圧縮空気で吹き付けて、表面を加工する技法です。グラスの表面にマスキングをすれば、砂が当たる部分は磨りガラス状になり、覆われてある部分には元の光沢が残ります。好きな形のマスキングを作り、サンドブラストをすることで、オリジナルのグラスを作ることができます。3月にみなまきラボで行った出張ファブラボでは、親子での参加がほとんどでした。簡単な模様でもアイデア次第で綺麗なグラスが出来るので、お子さんにおすすめです。

  • 10:00-18:00 3Dプリンター出力体験

3Dプリンターは知っていても、動いているところは見たことがない」という声にお応えして、デモ出力(簡単なものであれば出力リクエストも相談にのります)を行います。

 

4/22(日)

会場:ファブラボ関内(4F407号室)

(満員御礼)ラズベリーパイを使って、話題のAIスピーカーを自作するワークショップです。ネットには様々な情報がありますが、なかなか1人で完成させるのは難しい内容ですが、当ワークショップでは出来るだけ手順が簡単になるように様々な工夫を凝らしています。製品版は一問一答ですが、独自コードにより連続対話を可能にしています。

会場:さくらWORKS(2F)

ものづくりに欠かせない「ねじ」や「歯車」の基礎知識をわかりやすく解説します。意外と知らなかったあんなことやこんなこと。少し知識が増えるだけで、ものづくりが楽しくかつ効率的になります。当日は簡単な教具なども使いながら、わかりやすく解説します。

  • 15:00-17:00 ファブラボ関内 成果発表会

成果発表会は、会員が各自の活動の内容を3ヶ月に一度発表するものです。普段の活動の内容が最も分かりやすい参加費無料のイベントですので、こちらもご参加下さい。