作品紹介 チェス駒とチェス盤

20140629_furuhashi_chess

作品名
チェス駒とチェス盤

作者
古橋守浩

使用したCADソフト
123D Design

使用した機材
3Dプリンタ Replicator

制作期間
土日の活動で約2ヶ月、設計含めて実働10日ぐらい。

解説
チェス駒
駒は123Dで作成したオリジナルで
黄色のフィラメントが途中なくなり青となりました。
この為、いくつか青で再出力しましたが、
とても満足なものができました。

チェス盤
チェス版の作成をreplicatorでチャレンジしました。
この作成で部品の結合方法が分かりました。
3列作成しましたが、効率が悪くまたフィラメントの色が変わったので作成は断念しました。
今後はレーザカッターでの作成を計画してます。

Replicator での出力で気付いた点
・フィラメントが裏で絡むとトラブルとなるので、フィラメントがピンと張らないように注意する。
・接地面が広い場合はRoft付きにしないとはがすのが困難となると思います。
・出力物をはがす時は、まだ熱い内にゆっくり両面テープが切れない様にはがす。